FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(五四)

 「みんながやっているから。」と言うことは、自分のやる事を正当化するためで、「皆が言っている」ということは、自分の意見をいかにも正しいように見せかけようとするためでしょう。

 全く別の問題なのですが・・・。「みんなが」というのは、自分の行為を正しいと認めてもらいたいためで、皆が言っているからというのは、実は自分が言っているのです。「皆が」という表現を借りて「自分」の言うことを正当化しようとしているのです。日本人独特な責任回避、また何でも他人のせいにしようとする生き方があるのでしょうか。


 こうした人間の生き方、日本人の生き方、その一番の原因は何かと言うならば、私たち日本人には「神様との平和がない」からではないでしょうか。神様との間に争い、戦いがあるために、いつも不安な心を抱えています。

 その不安は、やがて自分達は裁かれるという無意識の、潜在的な恐怖となってきます。「祟り」というのも同じような考え方で、本来、自分はそうしたくないけれども祟りがあるからしようがない、という諦めであり、誰かのせいにしてしまうのです。


 これまでそういう生活をしていらっしゃるならば、今回この聖書の学びを通して、そういうあなたの手足をがんじがらめにする鎖から断ち切られて、自由になる事ができる道を選ぼうではありませんか。

 私は厳しい父親のもとで、仏教や儒教的な教えの中に育てられましたが、その鎖を断ち切り、自分で神様を呼び求めました。

 皆さんそれぞれの人生、確かにそれは自分の人生ではありますが、神様からいただいたその命を、神様によって導かれ、どう最大限に人生を喜ぶ事ができるかということが、それぞれに与えられた鍵ではないかと思います。


 あるカウンセリングの本の宣伝文に「私はあなたを宝とし、尊い者とし、あなたを愛する」というイザヤ書四三章四節の御言葉が使われています。私たちも何年か前、この聖句をイザヤ書の連続講解説教の時に勉強しました。

 しかし、私の心の中には、カウンセリングでその聖句を使っていいのかなあ、という疑問がありました。本来、聖書で書かれているこの御言葉は、ヤコブに対して語られた言葉です。

 文語体訳では「ヤコブよ、なんじを創造せるエホバいま如此(かく)いい給(たも)う。」という言葉で始まっています。新改訳なら、「だが今、【主】はこう言われる。ヤコブよ、あなたを創造した方、イスラエルよ、あなたを形造った方が。」(イザヤ四三章一節)となっています。これは、ヤコブとその子孫に対する神様の呼びかけなのです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する