FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(五七)

 「実にキリストは、私たちがまだ弱かったころ、定められた時に、不敬虔な者たちのために死んでくださいました。」          ローマ書五章六節

 慰めに満ちた聖句です。私たちは才能があるから救われたのでも、仕事が良くできるから救われたのでもありません。頭がいいからとか、音楽ができるから救われたのでもありません。

 聖書の記述を借りるならば、神様は、本当に無きに等しい者、塵のような者であっても、私たちを救い上げてくださったとあります。神様はその愛を注いで下さるために、私たちを引き上げて下さったのです。


 しかし、実に多くの日本人が、「もし、私が何かの宗教を選ぶとするなら、仏教かキリスト教かイスラム教かそれとも他の宗教か。まあどちらかと言うと私は、キリスト教だと思いますね。」と言います。

 これはいかにも傲慢な、人間的な考え方だと思います。キリストは「あなたがたがわたしを選んだのではなく、わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命しました。」(ヨハネ一五・一六)と仰いました。


 「あなたは神様を礼拝するために自分の意志で来た。」と言うでしょう。しかし、あなたが神様を礼拝するようになったのは、あなたの力でも才能でもないのです。あなたが人一倍善人だから神様があなたを救ったのでもありません。

 むしろ、教会に集まっている人は、日本社会でも一番良くない人間の集まり、と書くとあなたは怒るでしょうか。私もまた、パウロと同じように「私は罪人の頭(かしら)です。」と告白して神様の御前に立ちます。

 皆さんもそれぞれが、「私は罪人の頭です。イエス様の憐みがなければ、滅びの中に滅んでいる存在です。私がまだ弱かった時に、神様を求めなかった時に、神様に逆らっている時に、あるいは耶蘇教(やそきょう)だとか、色々な悪口を言っていたような時に、私もイエス様によって救われたのです。何一つ誇るところがありません。」という思いで、パウロと同じように神様の御前に立つのではないでしょうか。


 私は生まれつきクリスチャンだ、という人は絶対にいません。親がクリスチャンだから自分もクリスチャンだ、ということは絶対にありえないことなのです。あくまでも、自分の意志で神様を求めるのです。

 ヨハネ一・一三を見ると「この人々は、血によってではなく、肉の望むところでも人の意志によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。」と書かれています。ただ、神様の憐みによってイエス様を信じるようにされた(される)のです。

 私たちはクリスチャンになろうと思って一生懸命に聖書を読むでしょう。しかし、クリスチャンになろうと思っていくら聖書を勉強しても、自分の力によってクリスチャンにはなれないのです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する