FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(六〇)

 イエス様は私たちにとって「過ぎ越しの小羊」です。

 「私たちの過越の子羊キリストは、すでに屠られたのです」(Ⅰコリント五・七)。「神は、罪を知らない方を私たちのために罪とされました。それは、私たちがこの方にあって神の義となるためです」(Ⅱコリント五・二一)。

 イエス・キリストは、本来私が死ぬべき場所において身代りとなって死んで下さいました。仮にあなたが道を歩いていてトラックにはねられそうになった時、脇から男の人が飛び出して来て、あなたを突き飛ばすようにしてトラックの暴走から守ってくれたとします。あなたはどうするでしょうか。

 「私のきれいな洋服を汚しちゃって。こんなとこ、すりむいちゃって。」と言って怒るでしょうか。そんなことはしません。「私の命の恩人です。」と言って感謝するでしょう。

 イエス様は私の身代わりとして犠牲となり、死んで下さいました。
 「神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いを通して、価なしに義と認められるからです」(ローマ三・二四)。


【贖罪(あがない)】

 何のよい行いもなく、功績もない状態にあって神様の恵みによってキリスト・イエスの贖いにより、神の前に義とされることです。

【贖(あがな)い】

 それは「買い戻す」という意味です。私たちは自分の力で生きるとか、神様を信じないで生きられると思いがちですが、実態はあなたの意志が言っているのではなく、この世を支配している悪魔があなたの心に働いて、あなたを罪の奴隷として自由奔放の生活、快楽を求めさせているのです。

 「神様を知らない」という人は、もっとも惨めな存在です。

 なぜならば、心の自由がなく、良いことをしようとしても良いことができません。いつも自分の欲望、自分のわがままな願いの奴隷となっているからです。そんな状態のあなたを、イエス様は神の国へ迎え入れるために十字架上で血を流して下さったのです。

 イエス・キリストの汚れのない血は、父なる神様の御前に注がれ、私たちは罪の汚れから解放されるのです。


「神はこの方を、信仰によって受けるべき、血による宥めのささげ物として公に示されました。ご自分の義を明らかにされるためです。神は忍耐をもって、これまで犯されてきた罪を見逃してこられたのです」(ローマ三・二五)。

 「ローマ人への手紙」における大きな三つの言葉を心にとどめようではありませんか。

  【犠牲(ぎせい)】
  【贖(あがな)い】
  【供(そな)え物(もの)】

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する