FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(六三)

 私達は、この地上に生きている間、生涯様々な誘惑に出会い、あるいは、日々の生活の中で戦いを経験しています。


 自分では正しいと思っていても、神様が御覧になる時に良くないことであるかもしれません。

 私達は信仰生活を歩んでいくうちに段々、自分の手で神様に喜ばれる「義」を積んでいこうとしてしまいます。そういう落とし穴があるのですね。


 「偉大な魂は、単純な魂である。」と言う伝道者がいました。

 偉大な人物、偉大な信仰の人というのは、非常に単純な信仰の持ち主であると言われています。そのことを覚えていただければと思います。

 「単純な信仰」とは、イエス様が私の罪を背負って、身代わりとして、十字架について死んで下さったことを信じることです。


 モーセは荒野で蛇を挙げました(ヨハネ三章一四~一五節)。

 毒蛇に噛まれた人々は毒蛇の姿をした青銅の蛇を見つめた時、瞬間的に癒されました。同じように私達はイエス様の十字架を仰ぎ見る時に罪を赦されるのです。


 「じゃあ、これから、いくら罪を犯しても構わないな。」と言って、またこの世に出て行って、面白半分にあるいは自分のしたい放題に罪を重ねることは、愚かな事です。本当の意味で「救いのない人」と言わなくてはなりません。


 「それでは、どのように言うべきでしょうか。恵みが増し加わるために、私たちは罪にとどまるべきでしょうか。決してそんなことはありません。罪に対して死んだ私たちが、どうしてなおも罪のうちに生きていられるでしょうか」(ローマ六・一~二)。


 これはヨハネの書いた「ヨハネの手紙第一」を見ていくとわかります。

 イエス様を信じる人は、毎日、毎日、現在進行形でイエス様を信じ、そして神様に従っていこうとします。

 ただ一度だけ信じて、「あとはもうおしまい。」ということではありません。

 私達はイエス様の十字架を仰ぎ望むことによって、神様との平和を持つようにされるのです。


 ローマ一章においては、神の怒りが異邦人(いほうじん)にも及び、また二章においてはユダヤ人もまた神の怒りのもとに置かれているということが書かれています。

 しかし、五章において使徒パウロは一転して、ユダヤ人もギリシャ人も全(すべ)ての人間はイエス・キリストを通して神との平和をいただくことが出来ると書きました。


「こうして、私たちは信仰によって義と認められたので、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています」(ローマ五・一)。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する