FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(六六)

 しかし、人を殺してしまった時は、人間に対しても償うことはできません。

 「神様。私はこういう罪を犯しました。私はもはや、あの人の命を地上に戻すことはできません。しかし、私自身のこれからの生涯を神様ご自身のためにお使い下さい。」と神様にお祈りをして、自分自身を生きたきよい供(そな)え物として捧げていくことしかできません。その故に、使徒パウロは「時を贖う」という言葉を使ったのです。


 罪の時代において成し得なかったことを、これから生きる時に、「神様、それをもって贖わせて下さい。」と言いました。人はいくら働いても、いくら神様にお金を積んでも、命を贖うことはできません。あまりにも命の代価が高いからです。


 神様は、イエス様を通して神様との平和を与えて下さるのです。そして私たちは毎日、神様の裁きを恐れることなく、神様の祝福を喜ぶことができるのです。


 夫婦喧嘩をした時、お互いにブスっとして、黙々と箸を動かして食べて、「お茶!みそ汁!」。食べ終わったらパッと立ち上がって出て行ってしまう・・・。こんなおいしくない食事はないですね。私も何度か経験しました。そして、やはり喧嘩をして食べるのは良くないな、と思います。


 神様は私たちが弱いことをご存知であり、罪を赦して下さいます。罪を赦された私達は、二度と同じ過ちをしたくないという気持ちを持つでしょう。イエス様を信じる信仰者と、信仰をもっていない人との違いが出てきます。信仰をもっていない人は、酒に溺(おぼ)れて、悪いことをしでかしてしまいます。失敗をすると「もう私は二度と再びお酒を口にしない。」と言いますが、その誓いはすぐ崩(くず)れてしまいます。


 もうすでに亡くなった一番上の兄が若い頃、正月に半紙(はんし)に墨で「これから禁酒」と書いて床の間に貼りました。が、あくる日には、もう飲んでいて、三日目に自分で床の間に貼った紙を破いて捨てていました。

 私たちは弱い者です。クリスチャンの場合には、神様に誓(ちか)うことはしませんが「神様どうか私を毎日毎日、一歩ずつ高みに引き上げて下さい。」と祈って生きます。

 神様との平和を頂くことによって、私たちは救いの確証を頂くことができます。それは確かな事実です。イエス様を信じようか信じまいかと迷っている間、心が不安だったでしょう。

 教会では礼拝の中で「イエス様を今日心にお迎えしたら、どうぞ手をあげて下さい。」という招きの時がよくあります。心の中で「あっ、今日は信じよう。」と思うけれども、牧師と目が合うと、ぱっと手を下げてしまうことが若い頃には何度かありました。
 そしてとうとう、「もうこれ以上抵抗しきれない。」と手を挙げ、前に出て、祈ったのです。ですから、皆さんが招きの時に、ためらうのはよくわかります。 (続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する