FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(六八)

 結婚した夫婦は、婚姻届を市役所へ持って行きます。

 婚姻届を出しても、二人が一緒に生活する意思がないならば、夫婦とは言えないでしょう(例外は別として)。
 夫婦という形で性的に結ばれた時に初めて本当の意味で一つにされます。人は、父母を離れて、男と女が結ばれ一体となるとイエス様が仰せになりました(参照マタイ一九・三~六、テトス二・四~五)。


 「一つになる」。男女それぞれ違った身体であるけれども一緒のペースでこの結婚の喜びを味わった時に、本当に一つになった喜びが沸いてくるでしょう。
 婚姻届を出したという事実以外に、本当に自分達は一つの身体にされたのだという喜びがあり、結婚は婚姻届という「事実」と同時に「喜ぶ」という「感情」が深まります。したがって、結婚していても喜びのない夫婦ならば、むしろ重荷という状態かもしれません。
 クリスチャンはイエス様を信じて神様の裁きから逃れることができるという、聖書の戸籍謄本をいただくのです。
 毎日祈り、神様を仰(あお)ぎ見て、「神様がこんなに大きな祝福を下さったので嬉しい。」という喜びの感情が、信仰生活に表れます。「事実」は聖書のお言葉です。
 罪が赦され、神様が祈りに答えて下さり、生きて働いておられるということを実際の生活で感じ、あふれ出てくる喜びが「感情」です。


 イギリスのブラッケントレイツという所に、ウィリアム・ビクソンという人がいました。ある日、彼が住んでいるアパートのすぐ近くで火災が起きました。
 そのアパートには一人のお婆さんと孤児となった孫が住んでいました。お婆さんは色んな人に助けられて、火の中から逃れることができました。
 しかし、家の中には孫がまだいたのです。火の勢いはどんどん強くなっていきます。そんな中、ビクソンさんが建物の鉄の樋を伝って二階にいたその男の子を助け出したのです。


 しばらくして、このお婆さんが亡くなりました。孤児となった男の子を、誰がこれから世話するかが裁判所で審議されました。
 その町で養子にしたいという希望者が二人いました。一人は「息子を亡くしたので、この子をもらいたい」と言いました。ビクソンさんも同じように息子を亡くしたのですが、黙って裁判官の前に自分の手を差し出しました。
 何一つ彼は言う必要がなかったのです。火事の中で死にそうだったその子を助け出すために、彼は両手にものすごい火傷をおいました。彼はこの子に身をもって愛を示したのでした。

 イエス様はご自分の命を十字架におつけになり、神様の愛を私たちにお示し下さいました。これほどの愛に、さらにしるしを求める必要があるでしょうか。
 「神様との平和」。それは私たちがなお罪人であった時にキリストが私達のために死んで下さったことにより、神様は私たちに対する愛を表わして下さったのです。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する