FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(七三)

 洞爺丸が沈没するときに、多くの人たちが我先にボートに逃げようとしましたが、リーパー宣教師はそばにいた人に「私は死んでも行く所があります。

 私の行く所は決まっています。私の代わりにボートに乗ってください。」と言って船と一緒に沈んでいったというのです。後に助かった人がこのことを報告しました。

 一人の宣教師が一人の日本人の命を救ったというのなら、まして、イエス・キリスト、罪汚れのないお方があなたのために死んでくださったという、命の恩人であるイエス様に自分のすべてを捧げる気持ちにならないでしょうか。


 イエス様は、私たちを滅びから救ってくださるだけではありません。船が難破して溺れそうになった人を助け上げた救助船がするように、彼を海から引き上げただけではなく、暖かな衣服と温かな飲み物と寝る場所を与えないはずがあるでしょうか。

 もし皆さんが仕事で挫折する時、あるいは病気で意気消沈する時、心が砕かれた時、心にこの「まして」を思ってほしいのです。


 イエス様は私が永遠の滅びを刈り取ろうとする二千年も前に、命を捨ててくださり、よみがえってくださいました。まして、私が今また奈落の底に落ちようとする時に、神様が救ってくださらないことがあるでしょうか、絶対にありません、ということなのです。


 「まして」ということは、神様が真実な、アーメンな方であるから、ましてその御約束を守らないはずがあろうかと自分自身に問いかける訳です。神様は私を滅びの中から救ってくださいました。そして「私を信じる者は、死んでも生きるのです。」とおっしゃったとするなら、ただ心の悩み、苦しみを聞いてくださるだけでなく、私が食べ物に困っている時に、人間の体を維持するための食べ物を下さらないはずがありましょうか。


 私たちは心の中に迷いが出ると神様から離れてしまいます。その時に思い起こしてほしいのです。「私はイエス様を信じた。そしてこれまで教会生活をしてきた。神様は私に信仰の喜びを与えてくださった。にも関わらず、私は神様から段々心が遠のいてきた。

 けれども一度私を滅びから救い上げてくださったお方は、私が神様のもとに戻ることを喜ばれないはずはない。私が、『神様、助けてください』と叫ぶのに、助けてくださらないはずがあろうか。」と自問自答するのです。その時に大事なことは「まして」ということです。


 聖書の中で使徒パウロが使った大事な言葉が二つあると思います。一つはローマ書三章にある「しかし」。もう一つが今、勉強している「まして」です。(続)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する