FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

最も大切なこと(2)

   ▽「わたしは、
    よみがえりです。
    いのちです。
    わたしを
    信じる者は、
    死んでも
    生きるのです。」
   (ヨハネ一一・二五)
   


  〝私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと〟 Ⅰコリント一五章三、四節 先週は、キリストが私たちの罪のために死なれたことについて考えた。次のポイントに行く前に、もう少しキリストの身代わりの死について考えてみたい。    

 私たちは人との関係で律法を考えるが、イエス様は、「『心を尽くして神である主を愛せよ』という律法が第一の戒めである」とおっしゃった。神様よりも自分を愛することが罪の根なのであろう。神様よりも自分を愛する人は、様々な罪を犯していく。このように罪深い私たちに代(か)わってイエス様は十字架の上で罰(ばつ)を受けられた。神様の大きな愛が示された。    

 Ⅰペテロに記されている以下のみ言葉を黙想(もくそう)しよう。〝正しい方(キリスト)が悪い人々(私)の身代わりとなっ〟て死んでくださった(三・一八)。〝そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負(お)われ 〟(二・二四)た。〝傷(きず)もなく汚(けが)れもない小羊のようなキリストの、尊(たっと)い血(ち) 〟(一・一九)が流された。    

 聖なる神様の御前には、どのような罪も汚れたものであり、罪の代価(だいか)(死)が要求される。罪を知らないお方(キリスト)の死は、私たちの罪のためであった(Ⅱコリント五・二一)。    

◇キリストは墓(はか)に葬(ほうむ)られた    

 生きている人を墓に葬ることはない。蘇生(そせい)するかもしれない人を墓に埋(う)めることはない。確(たし)かに死んだ人を埋葬(まいそう)するのである。    

 イエス様は、私たちに愛を示すポーズをおとりになったのではない。大きな愛をお示しくださったのである。しかも、〝私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、不敬虔(ふけいけん)な者のために死んでくださいました。 正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。情(なさ)け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。 しかし私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死んでくださった…〟(ローマ五・六~八)のである。    

 イエス様は〝ヨナは三日三晩 大魚の腹の中にいましたが、同様に、人の子も三日三晩、地の中にいる…〟(マタイ一二・四〇)とおっしゃった。イエス様は、墓の中に三日間葬られていた。    

 主イエス・キリストは、私たちの罪のために死んでくださった。しかし、死んで、葬られて、すべてが終わったのではない。復活されたのである。あなたには復活の希望があるであろうか。復活の主を信じよう。    

   

  ◎ 暗誦聖句  エペソ書 一章三節前半
〝讃(ほむ)むべきかな、我(われ)らの主(しゅ)イエス・キリストの父(ちち)なる神(かみ)… 〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する