FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(七六)

 「そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして死が全人類に広がったのと同様に、--それというのも全人類が罪を犯したからです。」ローマ書五章一二節


 ローマ書五章一二節からの箇所は、様々な神学論争があり、多くの教派が生まれてきました。「なぜ人間が罪を犯すのか」「アダムが犯した失敗がなぜ現代の私達に影響をもたらすのか」というテーマについて多くの学者が論争を重ね、いろいろな考えがそこから生まれてきました。そこで、聖書全体の中から、罪の現実、罪のもたらした結果を見ながら、どのようにしてその罪を背負った人間一人一人を神様が救おうとして下さったか、ということにポイントを置いて考えていきましょう。


 このローマ書の解釈において、少なくてもクリスチャンの一つの信仰の捉え方として、大きな流れがあるということを覚えていただきたいです。

 まず、人間の自由意志に関してカルヴィン主義というグループがあります。カルヴィンという聖書学者はたくさんの注解書を書いていますが、日本でもそのカルヴィン主義の神学に帰依する人たちがいます。もう一つは、アルメニヤ神学という神学の旧体系でこの二つがキリスト教会における大変大きな神学の流れになっています。


 カルヴィン主義は特に神様の選びを強調します。そして、穏やかな立場をとる人と極端なハイパー・カルヴィニズムという立場をとる人とがいます。
 だいたい長老派の教会(プレスヴィテリヤン)が、カルヴィン主義の流れを汲む、と言われています。人間の自由意志よりも神様の選びを強調し、たとえ私たちが伝道しなくても選ばれている人は必ず救われると考えます。ですから、カルヴィン主義の教会は、あまり海外宣教や福音宣教に熱を入れないとか。


 カルヴィン自身が「人間が宣教するなど、とんでもない。越権行為である。」と、存命中に書簡の中で述べています。神様がお選びになった者であれば、今は関心がなくても神様に必ず救われる、選ばれているのだからと。また、神様に選ばれていない人は、誰が伝道しても、聖書の勉強を導いても、選ばれていないから救われない、と。これはとても極端な言い方で、私達はそういう立場をとっていません。


 もう一方のアルメニヤ神学は、人間の自由な意志を大変強調します。そして、人間は自分の自由な意志によってキリストを選ぶかどうかを決める、と言います。それらについて、使徒パウロは何と言っているのか見てみましょう。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する