FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

ローマ人への手紙(七七)

 使徒パウロの書簡を見ると、最初の部分に『私は生まれ出る前から、神様によって選び分かたれた者である。』という表現を使って、わたしは神様に選ばれた者だ、と書いています。
 パウロの書簡を読みますと、「神様の選び」ということが大変強調されていると同時に、自分に与えられた意志を使って、神様を選ぶということも強調されています。


 「選びの教理」を強調するグループと「人間の意志」を強調するグループがあります。私達は一つの神学に偏って、そればかりにかたまってはいけないということでしょう。
 「選び」だからと言って全然伝道しなければ、「あなた方は出て行って福音を述べ伝えよ。」というイエス様のご命令に対して、反対することになりますから、それは間違いだと言えるでしょう。


 「人間は自由な意志で」と言うならば、イエス様のお言葉の中で「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。」(ヨハネ一五・一六)とおっしゃっていますから、アルメニヤ神学の強い立場はイエス様のお言葉で崩れます。
 私たちは聖書を読んで完全に理解することはできません。
 神様に召されて天の御国にあげられた時に初めて、雲を通して見つめているような「神様の真理、奥義」というものがはっきりとわかるでしょう。


 私たちは信仰生活の中で、自分が理解できる範囲で行動していくことが大切です。「イエス様が『あなた方は出て行って福音を宣べ伝えなさい。』とおっしゃるから、私たちは出て行く。
 理解できる、できないの問題ではない。何故なら、イエス様は失われつつある者のためにその福音を伝えるように、教会に大命令をお与えになっているから。」


 「自由意志」について考えるならば、神様は人間をロボットのようにはお造りにならなかった、ということです。神様は、全知全能で何でもご存知です。
 アダムとエバが罪を犯したように人間は弱い、ということもご存知です。
 コンピューターのように初めから罪を犯さないようにセットがなされたならば誰も罪を犯さず、ただひたすら毎日、「神様、賛美します。ハレルヤ。アーメン。」とロボットのように繰り返すでしょう。
 しかし、それは神様が望んでおられることではないのです。


 仮に男性と女性が愛し合うようになったとします。男性は女性に向かって「私はこれから仕事に行くから、あなたはこのテープレコーダーを聞いていなさい。」と言って出て行きます。
 女性がテープレコーダーのボタンを押すと、「私はあなたを愛しています。I(アイ) love(ラブ) you(ユー). I love you.」と、ずっと繰り返し聞こえてきたら、女性はそれで嬉しいでしょうか。「何よ!こんなのばかばかしい!」と言って、ガチャンと切るに違いありません。(続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する