FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 毎日の生活で賛美をしよう(3)

   ▽「わたし、
     このわたしが、
     主であって、
     わたしのほかに
     救い主は
     いない。 」
  (イザヤ四三・一一) 
   


  教会以外でも、神様を賛美したり、神様についての真理の歌を口ずさむ生活を目指そう。

一、慈(いつく)しみ深き友なるイエスは
 罪(つみ) 咎(とが) 憂(うれ)いを取り去り給う
 心の嘆きを包まず述べて
 などかは降(おろ)さぬ
 負える重荷を
二、慈しみ深き友なるイエスは
 我らの弱きを知りて憐(あわ)れむ
 悩み悲しみに沈める時も
 祈りに応(こた)えて
  慰(なぐさ)め給わん
三、慈しみ深き友なるイエスは
 変わらぬ愛もて導き給う
 世の友 我(われ)らを棄(す)て去る時も
 祈りに応えて
 労(いたわ)り給(たま)わん
 (賛美歌三一二番)

 ジョセフ・スクリヴェンは一八二〇年アイルランドのダブリンで生まれた。ダブリン・トリニティー大学を卒業した彼は、人生に多くの期待と計画をもっていた。心優しく美しいアイルランド人と婚約していた彼は、大学での学びを活かして起業を考えていた。しかし、結婚も起業も実現しなかった。婚約者は結婚前日に不慮(ふりょ)の事故で水死してしまったのである。愛する人の遺体を見た時、彼は愕然(がくぜん)とした。この悲劇は彼の心から生涯消えることはなかった。

 婚約者に起こった悲劇を忘れようと、カナダに移住し、自分以上に不幸な人々を助けていた。自分の生活を省(かえり)みない援助のゆえに、彼を変人扱いする人もいた。しかし、困窮者にとってスクリヴェン氏の援助は神様からの祈りの答えであった。

 カナダ移住後一〇数年が経った頃、母親が大きな試練にあい、苦しんでいるという手紙が故郷から届いた。遠方に暮らす彼は、少しでも慰めになればと願い、「すべてをご存知の友」という詩を書いて故郷へ送った(一八五五年)。おそらく、息子の詩に感動した母親が、周りの人に詩を見せ、人伝えに広がり、作曲家チャールズ・コンバースの手にも詩の写しが届いたのであろう。詩のメッセージにふさわしい曲がつけられ、人々はこの歌を愛唱していた。しかし、当時作詞者は不明で、タイトルは歌詞の一節から「イエス・キリストが私たちの友であるとは何と驚くべきことだろう」とつけられていた。 

 ジョセフ・スクリヴェンが病いで倒れた。世話をしていた近所の人が、彼の枕元にあった手書きの詩を見かけた。作者特定のきっかけであった。スクリヴェン氏は自分が母に書いたものだと告げたが、本当のところは私と主で書き上げたものだと説明した。この作詞者とその母を慰めてくださったイエス様は、変わることのない愛をもってあなたを導いてくださる。(アルフレッド・スミス氏の著書参考)   

   

  ◎ 暗誦聖句  コリント前書六章二〇節後半 
〝然(さ)らばその身(み)をもて神(かみ)の榮(えい)光(こう)を顯(あらわ)せ。〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する