FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 主イエス・キリストをよく知ろう

   ▽「私の主である
   キリスト・イエスを
   知っていることの
   すばらしさのゆえに、
   いっさいのことを
   損と思っています。」
   (ピリピ三・八)

   


   ペテロは、私たちが主イエス様をよく知るときに恵みと平安が豊かに与えられると教えている(Ⅱペテロ一・三)。パウロは、エペソの聖徒が〝人知をはるかに越えたキリストの愛を知ることができ〟るように祈った(エペソ三・一九)。    

 先週の礼拝で、神様の「知恵」「善」「力」を学んだ。神様は、あなたにとって何が最善であるかを最も良く御存知のお方でいらっしゃる。神様は全知で、知恵に満ちたお方でいらっしゃる。神様は、あなたの最善を知っているだけでなく、それを心からお望みになる。神様の大きな愛である。愛は善から発するご性質である。さらに、神様は全能のお方で、お望みになることは何でもおできになる。    

 人間の場合、知恵も愛も力も不完全で、しかも、何かがかけている場合が多い。子どもの才能を知り、その能力を伸ばしてあげたいと強く願っても、それをかなえる力が伴わないことが多い。お金があっても、仕事が忙しく、子どもを愛するよりも仕事を愛してしまうこともある。しかし、神様は、知恵、善、力に満ちたお方でいらっしゃることを覚えよう。そうすれば、どんな状況におかれても、「神様は私にとって十分以上のお方でいらっしゃる」との確信に満ち、魂は騒ぐことなく、穏やかな状態でいられる。    

 以下に、神様についてのいくつかの真理をあげる。騒がしい魂に安定を与えることだろう。    

(以下は、ジム・バーグ先生の本からの抜粋)     

◇神様はいつも善なるお方でいらっしゃる。    

 「神様は、私に本当に必要なものならばいつでもお与えくださるので、私の魂は、穏やかに憩うことができる。いつでも。」という意味である。    

〝私は私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。〟ピリピ四・一三    

〝また私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の 栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべてみ たしてくださいます。〟ピリピ四・一九    

〝そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などといって心配するのはやめなさい。こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知って おられます。だから、神の国とその義とをまず第 一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、こ れらのものはすべて与えられます。〟
     マタイ六・三一~三三    

         (続く)       

  ◎ 暗誦聖句  エペソ書六篇一八節B
〝( 常にさまざまの祈と願とをなし、)御靈によりて祈り〟 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する