FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆あなたの魂にある騒音に気付こう(9)

   ▽「…神は
   高ぶる者に敵対し、
   へりくだる者に
   恵みを
   与えられる…」
   (Ⅰペテロ五・五)
   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 私たちが神様から離れて神様との交わりを失うなら、毎日の生活で受ける様々な誘惑に対して罪深い部分が反応するため、これまで取りあげてきた魂の騒音を経験することになる。次のように正反対に考えることが可能である。    

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、私を避けよ。私はあなたがたに憩いを与えない。私に似る者となるために私から学ぶことを拒み、私のうちにとどまることを拒み、私のくびきを負って交わることを拒むのだから、あなたの魂は騒音であふれることだろう。〟(マタイ一一・二八~三〇を参照)    

 しかし、主はそうではなく、「わたしのところに来なさい」そして「わたしのところに来たらわたしにならうものとなりなさい」と、弟子になるようにお招きくださっている。「わたしの軛(くびき)を負ってわたしから学びなさい。わたしは心優しく、へりくだっているから」とおっしゃる。     

 娯楽や気張らし、あるいは薬で、この魂の騒音を消すことは出来ない。イエス様は御言葉の黙想こそがその方法であるとおっしゃった。「わたしのところに来て、学びなさい」。イエス様とイエス様がお示しくださる道を仰ぎ見て、焦点をあわせることが、解決の道である。「わたしのところに来て、学びなさい、わたしは心優しく、へりくだっているから。わたしのようになりなさい。すなわち、よろこんで私にすべてをゆだねなさい」。柔和はプライドとぶつかりあう。私たちはプライドが高く、イエス様にご支配していただくことをいやがる。    

 騒音のボスはプライドである。多くの騒音は、人生を自分の思うように支配しようとする時にうまれる。又はすでに失った支配権を取り戻そうとする時に騒音がうまれる。自分自身への限界や規制と絶えず戦っている。これは柔和な人と反対の生き方である。イエス様にご支配していただく生き方ではない。自分の思いのままにしたいということが、騒音とプレッシャーの主な源となる。    

 プライドは、めそめそし、口をとがらせる。プライドは、大声で要求する。プライドは、論争し、相手を打ち負かそうとする。プライドは、自分が持っていないものを欲しがり、相手から奪おうとする。プライドは、小さなことをさわぎたて、仕返しをしないと気が済まない。プライドは、他人に責任をなすりつけ、その人を責める。(続く)    

   

  ◎ 暗誦聖句  エペソ書六章一六節B
〝( この他(ほか)なほ信仰(しんこう)の盾(たて)を執(と)れ、)之(これ)をもて惡(あ)しき者(もの)の凡(すべ)ての火矢(ひや)を消(け)すことを得(え)ん。〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する