FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

神をおそれよ(7)

▽「私は、豊かな恵みによって、あなたの家に行き、あなたを恐れつつ、あなた
の聖なる宮に向かってひれ伏します。」(詩篇五・七)

〝そこで主(しゅ)は仰(おお)せられた。「この民は口先で近づき、くちびるでわ
たしをあがめるが、その心はわたしから遠く離れている。彼らがわたしを恐れる
のは、人間の命令を教え込まれてのことにすぎない。〟
   イザヤ書二九章一三節
神様は、預言者イザヤを通してご自分の民に、「あなたがたは私を本当には恐
れていない。あなたがたの心には、私に対する愛がない。」と仰(おっしゃ)った。
この時、イスラエルの民は神様を賛美し、礼拝をささげ、表面的には神様を愛し、
敬(うやま)っているように見えた。しかし、神様は彼らの心をご覧になっていた。
〝…人はうわべを見るが、主は心をみる。〟(サムエル前一六・七)
イスラエルの民は主を恐れていなかった。第一に、彼らは形式的な礼拝をささ
げていたが、彼らの「心」を主にささげていなかった。第二に、神様に対する愛
と尊敬の思いはなく、「恐れなければいけない」と教えられてのことにすぎず、
畏敬(いけい)の思いはなかった。
 イエス様は、パリサイ人と律法学者に対して、首記の聖句を引用して次のよう
におっしゃった。〝偽善者(ぎぜんしゃ)たち。イザヤはあなたがたについて預言
しているが、まさにそのとおりです。『この民は、口先ではわたしを敬うが、そ
の心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝(おが)んでも、むだな
ことである。人間の教えを、教えとして教えるだけだから。』」(マタイ伝一五
・七~九)
 ここに登場するパリサイ人と律法学者も、イザヤの時代の民と同じく、神様を
心から愛することなく、形だけ神様のお言葉に従おうとしていた。ご自分の生命
をもお与え下さった主に対する私たちの愛は冷え切っていないだろうか。それぞ
れに、心を点検しよう。
イエス様は、「恐れる」という言葉の代わりに「拝んでも」と仰(おっしゃ)っ
た。神様を恐れることは、礼拝と関係があるということだ。神様を礼拝すること
について、首記の聖句から次のことを学ぶ。①他の人から言われてすることでは
ない=自(みずか)らの意志でするもの。②神様に近づくこと=神様の御前(みまえ)
にでること。③神様をおそれ敬うこと=心から神様を慕(した)い求めること。
健康の理由や家族の介護で、礼拝に毎週は集(つど)えない方がいる。そうした
兄姉にとって、日曜日に教会で兄姉とともに主を賛美し、主を礼拝できる日は、
大きな喜びであり、神様に感謝をささげていることだろう。毎週集っている私た
ちは、礼拝が習慣的になることがないように注意をしよう。心からの礼拝をささ
げよう。
                    (続く)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する