FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆あなたの魂にある騒音に気付こう(4)

   ▽「悪を行なう者に
     対して
     腹を立てるな。
     悪者に対してねた
     みを起こすな。」
    (箴言二四・一九)
   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

◇あなたの魂には、怒りや不満の騒音がないか。    

 怒りは一般的に不満、傷つけられること、又は恐れによって燃え上がる。自分の思考を確認してみよう。「あんなことが再び起こるなんて信じられない。すでに問題は解決したはずなのに。なぜ又。そんなこと位、しっかりと解決してほしいと思うのは求めすぎなの」というような心が激しくかき乱された、不満で一杯の思考はないだろうか。誰かの言葉あるいは行動が私たちを傷つける時、あるいは私たちが容易に傷つけられる立場に置かれる時に、怒りの思考はわきあがってくる。    

◇あなたの魂には、苦い思いや僧しみの騒音はないか。    

 「私はこの仕事のために(結婚のために)人生のすべてを注いできたのに、こんなひどい仕打ちをうけるなんて。不公平だ」というように不法、不当、不公平な扱いに対する思考である。時々、侮辱あるいは復讐(ふくしゅう)に関する思考の場合もある。「そんなことは二度とさせるものか。必ず復讐してやる。そんなことをして上手く逃げられる者はいない」の様に。    

◇あなたの魂には、色欲や貪欲の騒音がないか。    

 あなたの心は、不道徳な快楽や経験に関する思考で満ちてないか。このようなことに心を用いてはいけないと分かっていながら自分を甘やかし、欲望のままに動いてしまうことはないか。欲望にまかせて快楽のために計画をたてる時、そして、どのようにその悪を隠そうかと考える時、あなたの魂に騒音が鳴り響く。    

 あなたの心は強欲な思考で満ちていないか。この世が提供する全ての物を見つめ、流行(はやり)の洋服、時計、他の小物、車、家など手に入れるまでは頭から離れないということはないか。あるいは幸せになるために、あれがなくてはということはないか。欲しい物とその広告を見るため多くの時間を使い、他の人と比較してばかりいると、より欲求不満になり、あなたの魂は大きな騒音に囲まれてしまう。    

◇あなたの魂には、罪悪感や恥辱(ちじょく)の騒音がないか。    

 これまでに見てきた思考を実際の行動に移す時、あなたの魂には罪悪感と恥辱の思考が起こる。そのような思考をあなたが持つことを神様はお望みではない。これらの思考に正しく対処することが出来るように神様は私たちに驚くべき備えをお持ちである。私たちが罪を犯すと、罪の意識で良心が痛む。神様がそうなさっているのだ。事実、罪悪感による良心の痛みは最も騒がしい音である。なぜなら神様との交わりを失うかもしれないという大変危険な状態であるからだ。これは罪深さ、良心の呵責(かしゃく)、恥ずかしさという騒音である。(続く)  

   

  ◎ 暗誦聖句  イザヤ書四一章一〇節後半
〝われなんぢを強(つよ)くせん 誠(まこと)になんぢを助(たす)けん 誠(まこと)にわがただしき右手(みぎのて)なんぢを支(ささ)へん〟

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する