FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 愛の神を見つめる(12)

   ▽「信仰の創始者であり、
     完成者である
     イエスから目を
     離さないで
     いなさい。」
    (ヘブル一二・二)
   


   "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 多くの場合、人は他の人の罪によって傷つけられてきた。そして私たち全ての者が自分自身の罪の故に傷ついてきた。注意しなければ、悲しみと後悔に明け暮れた人生を送ることになる。自分自身の傷を見つめるのをやめて、イエス様の傷に目を向けよう。イエス様こそ、私たちの苦しみと悲しみをすべて負って下さるお方である(イザヤ五三・四)。    

 数多くの讃美歌が贖(あがな)い主(ぬし)であり、救い主であられるイエス様に焦(しょう)点(てん)をあてている理由がここにあるのだろう。「私の神様が私のために死んでくださる」とは「驚くべき愛」である。私たちはそれぞれ「ナザレのイエスのみ前に驚きつつ立ち、罪に汚れて裁かれるべき罪人である私をなぜ愛して下さるのだろうと不思議に思う」ことだろう。「私の救い主の愛はなんとすばらしく、なんと驚くべきものだろう」と一人一人が大きな声で叫ぶべきである。    

 ヘブル四・一五~一六に記されている大祭司こそ、このお方であられる。〝私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。〟    

 神様ご自身について、そして神様のご計画や方法について、私たちが理解していないことが多くある。しかしイエス様が十字架の上で、罪人のために死なれたのだから、「神様は私を愛してはくださらない」と考えることは、神様を冒涜(ぼうとく)することになるのは明らかである。    

◇ 神様の愛の効果(神様の愛はどんな違いをもたらすか)    

 堕落した状態から贖われた者への神様の愛の影響力は様々である。    

 マタイ六・二三~三四、そしてⅠヨハネ四・一六~一八は、神様の愛は私たちの恐れを消す、と教えている。  使徒ヨハネは、私に対する神様の愛は、他の人々を愛するように私たちを促す、と語っている(Ⅰヨハネ四・七~一一)。   

    (続く)    

   

  ◎ 暗誦聖句  申命記四章二九節
但(ただ)しまた其(そ)處(こ)にて汝(なんじ)その神(かみ)主(しゅ)を求むるあらんに[若(も)し心(こころ)をつくし精(せい)神(しん)を盡(つく)してこれを求(もと)めなば之(これ)に遇(あわ)ん]〝
[ ]は来週暗誦。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する