FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ 愛の神を見つめる(6)

   ▽「神は
    高ぶる者に
    敵対し、
    へりくだる者に
    恵みを
    与えられる… 」
    (Ⅰペテロ五・五)
   


  "God is more than enough"(神様は私にとって十分以上のお方)ジム・バーグ博士著からの翻訳    

 高校時代、私は多くのことで神様と両親を敬っていなかった。両親と神様の願いに反して、私はロックバンドでギターを弾(ひ)いていた。週末は家に帰らないことも多かった。「仕事がまだ終わらなくて帰りが遅くなるから上司の家に泊まらせてもらう」と両親に伝えていた。ある時はその通りであったが、そうでない場合も多くあった。そして私は欲しいものがあると盗むようになった。上司、友人、店、そして高校からも盗んだ。私はボブ・ジョウンズ大学に入る前に、一人の女性と出会い、結婚したいと考えていた。一年が終わったら家に戻り、我慢していたすべてのことを楽しもうと考えていた。    

 神様は私の人生に別のご計画をお持ちだったことを感謝している。大学のチャペルで語られる説教を通して、私は自分がいかに罪深いか気づいた。一年後期であったが、ボブ・ジョウンズ大学は"Flame in the Wind"(風に揺(ゆ)られる炎)という長編の映画を発表した。最初の上映会に行った。神様はこの映画を通して私の心に強くせまってくださった。私は最早(もはや)自分の罪を隠しておくことが出来ず、招きに応じた。私は神様の御前で全ての問題を解決し、神様との正しい関係をいただいた。    

 両親、高校、友人、上司そしてボブ・ジョウンズ大学に対して犯してきた罪を赦していただき正しい関係を回復するためにすべきことが多くあった。盗(ぬす)んだものを全て返し、権威(けんい)に対する不従順をお詫(わ)びして和解を求めた。罪を犯してきた人々に対して自分が出来うることは全てして、赦しを願った。これまでの罪を赦してもらうために、色々としていた時期のある晩、寮の部屋に戻ろうとしていた。大学内は静まりかえっていた。キャンパス入り口の噴水(ふんすい)にかかっている橋を歩いていた。星明かりの下で私は立ち止まり、今自分がいる場所について静かに考えていた。   

「私は今、ボブ・ジョウンズ大学のキャンパスにいる。盗みの罰として刑務所にいても不思議ではないのだ。あの女性と結婚していたら今どうなっていただろう。反抗的な態度をとっていた自分には数々の災いが起こりえたのに、私は今ここにいる。」というような思いが頭の中を駆け巡(めぐ)っていた。私がそこに立っていられたのは、私を愛してくださる天の神様がいらっしゃったからである。私はその時のことを決して忘れないだろう。                    (続く)    

   

  ◎ 暗誦聖句  エペソ五章一八節後半
〝…御霊に満たされなさい。〝

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する