FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

◆ イエス・キリストの愛

   ▽「♪ああ十字架、
     ああ十字架、
     カルバリの十字架、
     わがためなり」
    (聖歌三九九番)
         


 パウロは「イエス・キリストの愛の〝広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、人知(じんち)をはるかに越(こ)えたキリストの愛を知ることができるよう〟」と信者のために祈った(エペソ三・一八、一九)。人知をはるかに越えたキリストの愛を、私たちはどれほど理解しているだろうか。私たちこそ、キリストの愛の広さを知るために祈る必要があるだろう。    

 パウロは「キリストの愛が私たちを取り囲んでいる」(コリントⅡ五・一四)と記している。キリストの愛を知ったパウロは、〝もはや自分のためにではなく、自分のために死んでよみがえられた方のために生き〟ると決心した(コリントⅡ五・一二)。私たちはどうであろう。パウロと同程度までにイエス様の愛を知ることが出来ないとしても、イエス・キリストの愛を今よりもよく知ることができるなら、私たちの人生は変わるはずである。    

 「人知をはるかに越えた」ことを簡単に理解することはできない。父なる神様の御前にひざまずき、御霊(みたま)の助けによって、神様の大きな愛を理解できるように祈ろう。〝…彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎(とが)のために砕(くだ)かれた。彼への懲(こ)らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた〟(イザヤ五三・五)を黙想しよう。    

 自分のことばかり考える心の醜(みにく)い者であり、様々な罪に汚れた私のために、どうしてイエス様は死んでくださったのだろう。「イエスなんて知らないし、信じない」と言ってイエス様を侮辱(ぶじょく)し、拒絶(きょぜつ)していた私のために、どうして身代わりとなって十字架の上で死んでくださったのだろう。イエス様の一方的な愛がその答えである。    

〝信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離 さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた 喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を 忍び、神の御座の右に着座されました。あなたがたは、 罪人たちのこのような反抗を忍ばれた方のことを考え なさい。それはあなたがたの心が元気を失い、疲れ果 ててしまわないためです。〟ヘブル書一二章二、三節    

 誰かにつけられた傷と自分自身の罪のためにつけてしまった傷を見つめるのをやめよう。心が疲(つか)れ果(は)ててしまい、悲しみと後悔(こうかい)だけの人生になってしまう。私たちの全ての罪を負って、十字架の上に死んでくださったイエス様の傷を見つめよう。イエス様の愛は永遠に変わることがない(ヘブル一二・八)。   

   

◎ 暗誦聖句

(3月24日) 箴言二〇章二四節
〝 人(ひと)の歩履(あゆみ)は主(しゅ)による。人(ひと)いかで自(みずか)らその道(みち)を明(あきら)かにせんや 〟

(3月31日) マタイ伝一一章二九節後半
我(われ)に學(まな)べ、さらば靈魂(たましひ)に休息(やすみ)を得(え)ん。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する