FC2ブログ

習志野バプテスト教会の週報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ローマ人への手紙(二〇)

 「というのは、不義によって真理を阻(はば)んでいる人々のあらゆる不敬虔(ふけいけん)と不義に対して、神の怒りが天から啓示(けいじ)されているからです。」   ローマ一章一八節

 クリスチャンではない日本人は「キリスト教は愛の宗教である」と言い、クリスチャンも愛を強調します。なのにどうして神様の怒りや神の裁きを語るのか、と疑問に感じるのは自然といえるかもしれません。多くの人は、何でも受け入れるのが愛だと考えるようです。

 私たちはもう少し「愛とは何か、神様の怒りとは何か」を聖書を通して考えてみる必要があります。

 日本人に「どういう信仰を選ぶか」と質問すると「もし信じるならばキリスト教が良い。でも厳しいから、なんでもOKという仏教がよい」との答えが本音(ほんね)のようです。日本人は「仏教徒」が多いです。仏教はもともと無神論であり、神はいないと考えます。無神論とあきらめを強調します。仏教は「何でも良いからいらっしゃい」と暖かく包み、観音様は愛の女神と強調する人もいます。

 一方、日本には歴史の中で「キリスト教徒迫害」という事実があります。飛騨(ひだ)高山(たかやま)には隠(かく)れキリシタンの墓があります。隠れキリシタンは日本の幕府がキリストを信じる人々を迫害したため、天井裏に信じる書物を隠したり、墓石の上には観音様を書いて、そのおでこに十字架、地面の下の方にマリア何々と、洗礼名を書いた墓石もあります。実際そこに行ってみて、日本の民族的な歴史、血みどろの戦いがあったことを知り、身の引き締まる思いがしました。

 「愛」はすべて何でもよいというものではありません。仮に母親が自分の赤ちゃんを盗まれた時、むこうで世話をしてくれるからいいわと考えるでしょうか。

 半狂乱になり、子どもを探し、自分が血を流す事があっても、いとわないでしょう。愛は愛する者を失うことをおそれるし、奪い返そうと戦うものです。もし、学校で「親をうやまわなくてもよい。自分の好き勝手なことをして生きてよい」と教えられたら、私たちはその学校から子どもを連れ戻すに違いないです。愛は愛するものを守ろうとし、間違ったものから奪い返そうとします。

 神様は何でもかんでも罰を与え、さばきを与えるお方では決してありません。神様の真理の言葉を曲げ、神様以外の物に自分達の人生をゆだねようとすることに対して、怒りをお持ちになるのです。全て邪(よこしま)な事をしようとするもの、まがった事をやる者達に対して神の怒りがあらわされるのです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(十九)

 「というのは、不義によって真理を阻んでいる人々のあらゆる不敬虔と不義に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。神について知りうることは、彼らの間で明らかです。

 神が彼らに明らかにされたのです。神の、目に見えない性質、すなわち神の永遠の力と神性は、世界が創造されたときから被造物を通して知られ、はっきりと認められるので、彼らに弁解の余地はありません。彼らは神を知っていながら、神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その鈍い心は暗くなったのです。彼らは、自分たちは知者であると主張しながら愚かになり、朽ちない神の栄光を、朽ちる人間や、鳥、獣、這うものに似たかたちと替えてしまいました。」ローマ一・一八~二三

 皆さんは、東京の象徴である東京タワーに一度は登った事があるでしょう。日本人は、一度は富士山に登るべきだが、二度登るのはバカだと言います。富士山は汚く、ごみだらけで、石ころがゴロゴロしているからです。五合目からは歩きにくく、上の方には木も緑もなく美しくありません。東京タワーと富士山の共通点は天(あま)照(てらす)大御神(おおみかみ)を祭(まつ)るということでしょう。人間は高い所に社(やしろ)や、お参(まい)りをする所を造るのが好きです。高いほど天に近いからです。創世記にはバベルの塔を造って神の祭りをしようとしたことが記されています。人間が神の高さにまで到達しようとしたのです。

 世界で最先端をゆく文明国で、建物を建てる技に優れた日本の一番高い所には神々を祭るという信仰が未(いま)だにあるとは、大変不思議なことです。アメリカの調査では「あなたは神を信じますか」との質問にアメリカ人の九〇%の人が「はい」と答え、日本においても六〇%の人が「神を信じる」と答えたとのことです。

 日本人の場合、クリスチャンが信じる神様ではなく、仏様、亡くなった人など、色々な神々を信じています。自分達の知らない霊の世界、また世界の創造主の存在について考える事は重要なことですが、めんどうくさがって、あるいは恐れて、勉強しようとしない人が大変多いです。アメリカの有名な統計会社によれば、科学者の三五%が聖書の創世記の記述を信じると答えています。また、アメリカの科学者達の三分の一以上が創造主である神様を信じていると、『タイム』という雑誌に紹介されました。

 ところで私達は日常生活において本当に神様を信じているでしょうか。あやふやな考えで神様を信じていないでしょうか。日曜日だけ、困ったときだけの「かみさま」に変形していないでしょうか。あなたの信仰生活を観察したら、本当の神様がわかるでしょうか。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(十八)

人間の罪は、生命(いのち)の源(みなもと)である真の神様がいらっしゃるのに、そのことを認めないことです。神様は私たちに自然界を通して真の神、創造主がいらっしゃることを教えていらっしゃる。
 「天は神の栄光を語り告げ大空は御手のわざを告げ知らせる。」詩篇一九篇一節

 すべての人は、天の星、太陽を見つめて、創造主がいらっしゃることを知ることができます。色いろな品種のある花を例にとっても、人は繊細(せんさい)なものを作れません。生の花にしか、蜂はこないのです。人間は神が創造なさったものを見て、作っています。神様は自然界を通して、ご自分の存在を表わしておられます。

 「彼らは、律法の命じる行いが自分の心に記されていることを示しています。彼らの良心(りようしん)も証ししていて、彼らの心の思いは互いに責め合ったり、また弁明し合ったりさえするのです。」  ローマ二章一五節

 すべての人間は心のうちに良心が与えられています。
しかし、すべての民族が同じ基準で良心を持っているわけではありません。日本人には日本の社会に、外国人には外国の規律において良心があります。インドネシヤで伝道した宣教師が、「現地の人は、二つ持っている人から一つもらうことは当然と考えるため、お手伝いさんが色々なものをだまって持ち帰ってしまう」と教えてくれました。彼らは良心の痛みを感じないのです。良心は、教えられた社会の基盤にしたがって痛みを覚えるからです。「神様はいないぞ」と育てられていると、神様のことを聞いても無感動であり、無関心です。心の痛みも感じないことでしょう。

 「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない』と言う年月が近づく前に。」  伝道之書一二章一節

 どの社会にいても、悪いことをすれば罰がくることを知っています。私たちは心にある良心のとがめを通しても、神様を知ることができます。神様はさらに第三の光を与えて下さいます。第三の啓示は、書かれた神の御心(みこころ)、聖書です。神様の求めていらっしゃる正義とは何か、そして人間はどういう存在なのかということを知らされます。人間は無関心の罪、偶像崇拝の罪、不道徳の罪を犯します。使徒パウロは、人間はよこしまな邪悪の心のために、神を認めようとしないと言っています。悪いことをする人は、光を好みません。光のもとに来ようとしないし、光に照らされることを喜びません。若ければ若いほど神様を信じやすいですが、年齢を重ねるにつれて、ごまかしたり、痛みを感じにくくなります(イザヤ書一章二~六節)。常に幼児のように神様を信じ、主に従いたいものです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(十七)

「というのは、不義によって真理を阻(はば)んでいる人々のあらゆる不敬虔と不義に対して、神の怒りが天から啓示(けいじ)されているからです。」   ローマ一章一八節

 一八節以下には、イエス様を信じるきっかけとなった罪の問題が描(えが)かれています。「人はなぜ人を殺してはいけないのか、人はなぜ救われなければならないのか」。イエス様を裁(さば)いたピラトは、「真理とは何か」、「人間の生命とは何か。人間はなぜ裁きを受けなければならないのか」と問いかけています。

 「神について知りうることは、彼らの間で明らかです。神が彼らに明らかにされたのです。」ローマ一章一九節

 子どもの頃、私の家には神棚(かみだな)、仏壇(ぶつだん)、荒神(こうじん)さまと、いくつもの偶像(ぐうぞう)が家の中に一緒にまつってありました。考えてみれば、おかしなものです。神道(しんとう)の教えに従って神棚に手を合わせる一方、仏壇に亡くなった人をまつるのです。仏教は神の存在を否定し、神道は神々の存在を肯定(こうてい)しています。一軒(いつけん)の家で生じている矛盾(むじゆん)に気づかないのです。日本の家庭は暗闇(くらやみ)の中にあると言えるでしょう。

 みなさんも、災い、病気などの時、しらずしらずのうちに何かに守られているのだな、何か目的があって、生かされているのだなと感じたことがあるでしょう。「目に見えない力を持つ方がいるに違いない」と。私の場合、そうしたことが、神様を求めるきっかけとなりました。青年時代は色いろと考えるし、誘惑もあります。たえず信仰について考えていたわけではありませんが、「生命とは何だろう。自分はなぜ生かされているのか」と考える時がありました。「もし超自然的な力を持つ神がいるなら、神の力を利用したい。ご利益を求めて神を利用したい」という思いにうなされることもありました。

 テレビである有名な学者が言いました。「世界をお治めになる全能の方を何かの形で認めることが、人間には必要である。認めなければ、世界は戦争の火で焼かれてしまう」と。日本人を含める多くの科学者は、「この世の中を救うためには、何らかの形で神を認めなければならない。人々は、殺りくに殺りくを繰り返す。やがて地球は滅んでしまう」と言っています。

 クリスチャンでない人は次のように言います。「もし神がいなければ、自分たちで神を作らなければならない」と。今から二〇年前の話です。これが科学者の出した答えであり、人々が世界平和を求めて考えた結論でした。しかし、人間が浅はかな知恵で、神々を作る必要はないのです。すでに神様は、一人一人に生命を与えてくださったのです。(続く)

PageTop

ローマ人への手紙(十六)

今は、まさに人間の手で人間をつくる時代なのでしょうか。何の規制もなければ、それはとうにあちこちで始まっているでしょう。こうしている間にも、医療に携(たずさ)わる学者(がくしゃ)の中に、邪(よこしま)な思いをもって、違法な実験をしている人がいないとは言えないでしょう。

 子どもが与えられない家族がいます。今、日本で人工的に産む場合は、保険適用外で、少なくとも一千万円かかるそうです。しかも、必ず子どもが与えられる保証はないのです。お金で人間の命が買えるでしょうか。イエス様は「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分のいのちを失ったら、何の益があるでしょうか」(マルコ八・三六)とおっしゃっています。

 ローマ一・一に「神の怒り」とありますが、神様は人間のように気分が悪いから怒るというお方ではありません。「神の怒り」とは、神様の正義をやぶり、しかも、神様の御名をふみにじる人たちへの、当然な事としての怒りを意味しています。人類が神様の真理を理解するように、神様は啓示(けいじ)をお与えくださいます。神様は私たちのために日々、様々な形(かたち)でご自身の存在をお教えくださっています。

 伝道の本来の意味は、「現在進行形」なのです。昔アブラハムに教えられたのではなく、今もずっと代々世界の人たちに対して、神様がいらっしゃることと、神様の真理をあらわし続けてくださっています。私たちは、神様から与えられているこの継続的な真理のときあかしを無視してはならないのです。

 「創世記の記述はその通りである」とアメリカの科学者の多くが、今、言っています。一方、日本の科学者は「聖書は神話で、愚(おろ)かな書物である」と言い、聖書の教えを無視しています。日米で医療や病院を比較すると、日本はアメリカより二〇年遅れていると言われています(研究のためにアメリカへ渡った現職の日本人医師の告白です)。

 私たちは、神様がくださった生命、生命の源を絶えず考え、神様の御前に何のために生き、どこへ行くのかを考え、聖書から学びとっていかなければなりません。人間は神様のお姿に象(かたど)られて作られたからです。子どもの頃、親に叱(しか)られると、「こんな家に生まれてくるんじゃなかった」と悪態(あくたい)をつき、「何でこんな家に」と、親にくってかかりませんでしたか。「どうせ生まれるなら、金持ちの家に」と、いかにも地上に出てくるのは自分が選んだからのような口答えをしたことがあるでしょう。

 大病を患(わずら)うと人間の生命(せいめい)の不思議(ふしぎ)を覚(おぼ)え、生命には持久力があると感じます。死ぬか生きるかの大きな病や怪我(けが)をした時、自分ではどうにもならない時に、「後は生命力や寿命があるかどうかです」という医者の言葉を遠くで聞きます。出来る事は全てやったという医者も、人間の体の不思議、生命力を感じているのでしょう。神様は、私達を地上に生かしてくださり、神の栄光を表わすように日々、生命をお与えくださっているのです。(続く)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。